世界遺産・熊野古道の絶景、四季、動物の営み、自然、文化…とっておきの見どころを探して、旬の熊野古道を巡る。

楠の久保旅籠跡の名号石(くすのくぼはたごあとのみょうごういし)

旅人を見守る名号石

大雲取越の楠の久保にはかつて十数件の旅籠があり、にぎわったそうです。古道から一段上の斜面に目をやると、苔むした大きな石があり「南無観世音菩薩」の文字が読み取れます。太いつるがからまる姿には威厳すら感じます。

基本情報

場所
新宮市熊野川町大山
時季/時間帯
春 夏 秋 冬 / 日中(昼間)
気象条件
晴れ 曇り その他(特になし)
出現頻度
通年

交通アクセス

「小口自然の家」から徒歩1時間。

タグで見る

おすすめスポット

「熊野那智大社~小口(大雲取越)」のスポット