世界遺産・熊野古道の絶景、四季、動物の営み、自然、文化…とっておきの見どころを探して、旬の熊野古道を巡る。

北新町の道分け石(きたしんまちのみちわけいし)

中辺路と大辺路の分岐点

田辺市北新町には、江戸時代の安政4年(1857)に建立された道分け石があります。高さ218cm、幅約30cmの角柱で、和歌山方面からは大きく「左 くまの道」と書かれ、その下に小さく「すくハ 大へち」とあります。「すくハ」は「真っ直ぐ進むと」という意味で、ここが中辺路ルートと大辺路ルートの分岐点になります。中辺路方面からは「右きみい寺」と案内しています。

基本情報

市町村
田辺市街地
場所
田辺市北新町
時季/時間帯
春 夏 秋 冬(季節を問いません) / 朝 日中(昼間) 夜
気象条件
晴れ 曇り その他
出現頻度
通年

交通アクセス

JR紀伊田辺駅から徒歩10分。

タグで見る

おすすめスポット

「紀伊田辺駅~稲葉根王子」のスポット