世界遺産・熊野古道の絶景、四季、動物の営み、自然、文化…とっておきの見どころを探して、旬の熊野古道を巡る。

音無茶の収穫(おとなしちゃのしゅうかく)

平安時代からの伝統

田辺市本宮町には平安時代に京都から茶が持ち込まれたとされ、川湯や伏拝地区の約40戸が約5haの畑で栽培しています。収穫した茶葉は音無茶として出荷されるほか、自家用のお茶として加工されます。

基本情報

市町村
田辺市本宮
場所
田辺市本宮町伏拝
時季/時間帯
春(4月、5月) / 日中(昼間)
気象条件
晴れ 曇り
出現頻度
季節に応じて

交通アクセス

龍神バス「発心門王子」バス停から徒歩約50分。

タグで見る

おすすめスポット

「継桜王子~熊野本宮大社」のスポット